縦糸の西洋医学に,横糸の東洋医学を導入し,現代医療をもう少し何とかしようと考えるブログです.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、とても興味深い患者さんがきました。初めは、あまたが痛くて、少し寒気がし、体がだるい、熱が少しある、脈などの所見から、風邪と考えたのですが、ふと足をみると、「太衝」という親趾のところの穴が赤くなり、蚊に刺されたような跡があるのです。良く話を聞いてみると、その蚊に刺された後、症状がでてきたとのこと。念のため、この「太衝」の炎症を抑える穴にマグネット治療を数分行ったところ、症状がすぐに改善してきました。ものの本には、このような現象のことも書いてはあるのですが、、、、症状は蚊に刺された経絡による症状だったようです。
これと似たことは先日もあり、予防注射を経絡上に打たれて、種々の症状を訴えて来られた患者さんがいました。こんなこともあるので、当院では、看護婦さんに経絡の勉強も少ししてもらおうかな?と考えています。経絡のことまで考えて、注射するクリニックなんて、冷静に考えてみたら、変なクリニックですね(苦笑)。

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

【2010/07/20 00:25】 | 鍼灸
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。